1. HOME
  2. 未分類
  3. フィルムフォトグラファーの最高のパートナーでありたい。カルメンチータ・フィルムラボ | DIRECTION
未分類

フィルムフォトグラファーの最高のパートナーでありたい。カルメンチータ・フィルムラボ | DIRECTION

未分類

1

「最高のカメラを手に入れ、フィルムロールを選び、遠くへと足を運んでシャッターを切る。それならば、撮った後の工程にも同じようにこだわるべきなんじゃないか」スペイン・バレンシアに位置するカルメンチータ・フィルムラボの共同創業者、Albertはそう語ってくれた。カルメンチータは現像・スキャン・レタッチまでを引き受ける欧州でも

情報源: フィルムフォトグラファーの最高のパートナーでありたい。カルメンチータ・フィルムラボ | DIRECTION

デジタルの圧倒的優位性は重々理解しているし、仕事ではデジタル以外に考えられないが、別にフィルムがダメだと考えているわけではない。

味としては捨てがたいものだし、大判のあがりはデジタルでできないものもある。(35mmはどうなんだろうというものはあるけど)

使えない一番の理由はきちんと管理された乳剤番号と、安定したラボの処理が無くなってしまったことだと思う。

デジタルのフィルムシュミレーションと、ここの現像を比べてみたいな。試しに現像をお願いしたいけど、35mmしかだめなのかな。問い合せからしてみよう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。